自主映画や小劇場を中心に活動する俳優・外山弥生の記録です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動物写真家・岩合光昭のフォトエッセイ。

Amazon商品ページ

* * * * * * * * * * * *

表紙に一目ぼれして買いました。
もしよかったらリンク先のAmazonのページを
ご覧ください。
うっとり目を細めて花にキスするリス。
いや、次の瞬間食べちゃったのかもしれないし、
うっとりじゃなくてまばたきかもしれないですが、
とにかくこの瞬間を捉えてしまうって、すごい!

で、持って帰ってじっくり読んでみると、思った
以上にエッセイ部分がよかったです。内容が
面白いのはもちろんのこと、文章が読みやすく
情景をイメージしやすいんです。

私が一番好きなのは、ニホンザルについての
お話。岩合光昭さんがニホンザルをシリーズ
として撮るきっかけとなった、ある小猿のエピ
ソードが語られています。動物の賢さと柔軟さ
に唸らされますよ。

写真で一番好きなのは、やっぱり表紙のリス
なんですが、月夜にシルエットで浮かび上がる
コアラの写真なんかもかっこいいです。
コアラのかっこいい写真って、あんまりない
ですよね(笑)

欲を言うと、写真→関連のエッセイ、っていう
並べ方にしてほしかったかな。やっぱり写真家
ですから、いくらエッセイがうまく書けていても
写真の雄弁さにはかなわないというか、写真で
イメージを掴んでからエッセイを読む、という
流れのほうがよかった気がします。

写真だけぱらぱら眺めるもよし、エッセイを
じっくり読むもよし。いわば「お話つきの写真」
ですから、動物好きのお子さんに絵本のように
読み聞かせしても楽しいと思います。

Amazon商品ページ

ツイートボタンブログパーツ

【2010/11/20 08:14】 | おすすめ/本
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。