自主映画や小劇場を中心に活動する俳優・外山弥生の記録です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公式サイト

ライブで聴くべきバンドです。
空間があって、バンドがいて、お客さんがいて、
初めて真価が分かります。

友達に誘われてライブに行ってきたんですが、
行く前に一応、検索して、公式サイトで試聴が
できるので聴いてみたんですね。

あー、いるよねこういう人たち。
こういうの好きな人もいるよね。
いるいる、「こういうの」。


という、嫌なやつまるだしの感想を持ちました。
それでも友達に会うために行ったのですけど。

すっごいよかったです。

ピアノもドラムもびっくりするほど正確。
その上に乗る、朗読のような歌のような語りの
ような叫びのような、七色に変化するボーカル。
空間全体が「ハリネコ」になる感じ。

「こういうの」なんてどこにもいなくて、厳然と
「ハリネコ」でした。

ネットの音源がものすごく出来が悪いかというと
そういうわけではないのですが、なんでしょうか、
決定的に違うんです。引き込む力が違う。

かなり即興で演奏している部分があるからかも
しれません。そういう意味では、素晴らしい演劇
をビデオで観るといまいち、っていうのと似てる
かも。

というわけで、CD売ってたけど買いませんでした。
その代わりまたライブに行こうと思います。

公式サイトの音源を聴いてみて、ちょっとでも
ひっかかるものを感じたら、とりあえずライブに
行ってみてください。おすすめ。

公式サイト

ツイートボタンブログパーツ

【2010/12/20 08:36】 | その他のおすすめ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。