自主映画や小劇場を中心に活動する俳優・外山弥生の記録です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いい大学に入るために一生懸命で、お洒落や
恋とは無縁で過ごしてきた紺野ゆうき。彼女が
大学に入って早々恋に落ちたのは、スーパー
自由人な美青年、ホー吉先輩でした…。

不器用を自覚してる女の子と、ぱっと見小器用
、実はありえないほど不器用で自覚もない男の
子の、ラブストーリー未満ラブストーリー。
一巻完結。

Amazon商品ページ

* * * * * * * * * * * * *

主人公の紺野ゆうきがとにかく可愛い!
不器用で一生懸命ででも一生懸命が報われる
わけでもなくいつも空回りで、でも一生懸命で。

最初のシーン、新歓コンパで自己紹介している
シーンからもう心をわしづかみにされました。
主人公はものすっごく頑張って、前からずっと
言ってみたかった台詞を口にするんですよ。

「恋に勉強に頑張りたいと思います」

って。でも結果、ウケるどころか、微妙な空気に
なっちゃうどころか、誰も聞いてなくて笑い声に
かき消されちゃうっていう、失敗にもならない
失敗ぶり!で、ごにょごにょ言いながらなんとなく
元の席に座ってうつむいちゃう。

やだ可愛い&あるある&ていうか自分的に
「あるある」すぎて胸が痛い!!


で、そんな彼女が新歓コンパに現れた美形で
フリーダムな先輩に一目惚れしちゃうわけです。
この先輩のキャラクターデザインが良いです。
いや、私の好みだとかそういう意味ではなく、
漫画的表現としてすごく良いんです。主人公や
周りのキャラクターは割とデフォルメした簡素な
絵柄で描かれるんですが、先輩だけは非常に
細くて繊細な線でびっしりと描きこんである、
つまり、主人公から見て先輩だけが特別な存在
に映ってる、人間というより妖精とかそんなくらい
特別視しちゃってる、ということが絵から伝わって
くるんです。

先輩のデザインに限らず、漫画的表現が全体に
とっても素敵。主人公が先輩を好きになるシーン
の演出なんて最高。いきなり、宇宙に行っちゃう
んですよ。って書くと突拍子もない感じがするけど、
「いきなり宇宙に行っちゃうにも関わらず、それ
どころかむしろ、リアルな演出よりずっと、主人公
の恋心が伝わってきて、恋に落ちる感覚を追体験
できる」のです。どーです、読んでみたいでしょう。

フリーダムな先輩も、中盤くらいまでは「あーまあ
高校大学ってこういうダメ人間な美形がモテたり
するから、リアルっちゃリアルだけど…」という感じ
で、あまり好きではなかったのですが、終盤で
ずがんとやられました。男の子の無自覚ぶりが
よく出てます。先輩に限らず、男性キャラクターの
無自覚ぶりがとてもいいです。対して女性キャラ
の、若くてももう色々分かっちゃってる感じも。
だからその中間で「分かってないことだけはすごく
分かってる」主人公がさらに際立つんですね。

基本、いい人しか出てこないので、主人公が先輩
に構われていても、それをねたんだ女の子たちに
苛められるとか、そういう方向へは行かないです。
それが物足りないか、そういうのを読んでほんわか
したいか、そこがこの漫画をおすすめするかしない
かの分かれ道かも。

アメトークの「中学のときイケてなかった芸人特集」
を楽しく観られる(元当事者としてでも、そうでなく
ても)方にはとりあえずおすすめしたいです。
あと、漫画的表現が大好きな方にもね!ほんと、
画面の作り方が素敵な漫画です。

Amazon商品ページ

ツイートボタンブログパーツ

【2011/02/03 08:36】 | おすすめ/漫画
トラックバック(0) |


河村吉章
ホンワカ系ラブストーリーっていいですよね(^^)
オススメって事だし試しに買ってみよーかな(^0^)/

自分も邦画なんですが「虹の女神」「そのときは彼によろしく」この二作品が最近見た中ではホンワカ系ラブストーリー的な作品で好きですo(^-^)o
ベタ過ぎて見た時に「えっ?」って思われるかもしれませんがそのベタさが自分は好きかな(^^)
もしお時間があれば是非レンタルして見てみてください。

河村吉章さんへ
外山弥生
「虹の女神」「そのときは彼によろしく」ですね!
観てみます!

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
ホンワカ系ラブストーリーっていいですよね(^^)
オススメって事だし試しに買ってみよーかな(^0^)/

自分も邦画なんですが「虹の女神」「そのときは彼によろしく」この二作品が最近見た中ではホンワカ系ラブストーリー的な作品で好きですo(^-^)o
ベタ過ぎて見た時に「えっ?」って思われるかもしれませんがそのベタさが自分は好きかな(^^)
もしお時間があれば是非レンタルして見てみてください。
2011/02/03(Thu) 14:07 | URL  | 河村吉章 #-[ 編集]
河村吉章さんへ
「虹の女神」「そのときは彼によろしく」ですね!
観てみます!
2011/02/03(Thu) 16:56 | URL  | 外山弥生 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。