自主映画や小劇場を中心に活動する俳優・外山弥生の記録です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひさびさの漫画紹介です。
大好きな「とろける鉄工所」の作者さんの新作です。

一巻、以下続刊なんですが、一巻完結として読める上、
大変良かったので紹介します。

Amazon商品ページ

題名を標準語で解釈しまして、たとえば「風車の矢七」
みたいな、「いやだいやだのやだもん」みたいな、

・「そう言や」っていう口癖のカナさんという女性

という意味かな?と思いつつ読み始めました。


違いました。


広島弁だったんです。
広島弁で旦那さんがカナさんに呼び掛ける、

・「そう言やの、カナ」(「そう言えばなあ、カナ」)

という、旦那さんの口癖が題名になってたんです。

これがなんともあったかいやらこそばゆいやら。

お話は数ページの読み切りショートショートで、ほとんど
旦那さんとカナさんの会話だけで構成されています。
二人が居間でだらだらしているとき、ごはんを食べている
とき、出かける支度をしているときに、ふと旦那さんが
「そう言やの、カナ」と言って、思い出話やたわいもない
うんちく話をする、それだけです。

思い出話が度を越した貧乏話だったり、うんちくが「とろける
鉄工所」に出てくるような鉄工関連のトリビアだったりという
味付けはされているのですが、爆笑したりめちゃめちゃ感心
するほどのパンチ力はないです。私が好きなのは、「そう
言やの、カナ」と一生懸命奥さんに話しかける旦那さんと、
全身で聞き、笑い、怒り、反応するカナさんの関係です。

特に一巻の最終話。旦那さんは失業していて主夫。カナさん
は一念発起して就職したばかり。午前中にすっかり家事を
終えてしまった旦那さんは、カナさんに話したいことを次々と
思いつくのですが、仕事中だろうからと、じっと我慢。一方、
カナさんは家のことなんか忘れたかのようにはつらつと働いて
いるのですが、お昼休みになると、一転、お弁当を超特急で
食べ終えて、即、旦那さんに電話をかけます。

ただ声を聴くために電話をかけるカナさんと、かかってきた
電話をダッシュで取って「そう言やの、カナ」とどうでもいい
話を繰り出す旦那さん。やだもう、この夫婦、可愛いすぎ!!

確かに、「そう言えば」って家族や恋人に言うときって、「そう
言えば」の内容を伝えたいんじゃなくて、相手を楽しませたい、
喜ばせたい、気持ちを共有したいときがほとんどなんですよね。
話しかけるってそういうこと。話しかけるって、好きだってこと。

「そう言やの、カナ」っていう口癖は、ほとんど愛の言葉なんで
すよ。日常でも、そういう愛の言葉はきっとたくさん散らばって
いて、そういうのをひとつひとつ丁寧に拾って、丁寧に渡して、
丁寧に受け取って、生きていきたい。

そう思った作品でした。あとね、台詞になるとそういうことを更に
忘れがちなので、役者としても肝に銘じたい作品でした。

同時収録の「十ヶ所くらいの穴」は作者には珍しく標準語です。
こちらもじわじわと良いです。結婚を間近に控えた平凡な女性の
モノローグを中心とした内省的な作品。私自身、結婚式とか結婚
生活に対する夢とか願望がないので、最初はあまりのめり込んで
読めませんでしたが、彼女が冒頭で思い描く「私の身体に十ヶ所
くらい穴が空いていたらいいのに」という空想の、最終回での決着
のつけ方がとても良くて、思わずぽろっと泣きました。

おすすめ。

ツイートボタンブログパーツ

【2011/02/18 07:58】 | おすすめ/漫画
トラックバック(0) |


河村吉章
自分も具体的にこんな結婚式がしたいとか結婚生活はこうじゃなきゃ嫌だとかは無いかな(゜゜)
まあ相手との事もあるしケースバイケースですけどね(^^)

紹介していた本は探して見てみまーす(^0^)/

河村吉章さんへ
外山弥生
相手あってのことですよねえ。
でも、結婚に夢を持つのはいいことだと思います(^^)

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
自分も具体的にこんな結婚式がしたいとか結婚生活はこうじゃなきゃ嫌だとかは無いかな(゜゜)
まあ相手との事もあるしケースバイケースですけどね(^^)

紹介していた本は探して見てみまーす(^0^)/
2011/02/19(Sat) 00:08 | URL  | 河村吉章 #-[ 編集]
河村吉章さんへ
相手あってのことですよねえ。
でも、結婚に夢を持つのはいいことだと思います(^^)
2011/02/21(Mon) 07:59 | URL  | 外山弥生 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。