FC2ブログ
自主映画や小劇場を中心に活動する俳優・外山弥生の記録です。
公式サイト

武蔵小山の駅で下り、パン屋や100円ショップや地元の
おばちゃんでいっぱいの洋品店や、小さくて庶民的な
お店が建ち並ぶアーケードをずうっと歩いたはじの方。
「えっこんなとこに?」と思うような雑居ビルの2階にある、
小さなカウンターフレンチです。席数6席、従業員1名。
無骨な感じのお兄さんが一人で切り盛りしています。

「フランス家庭料理」と店名にも銘打たれていますが、
家庭料理っていうより男の料理なヌーベルキュイジーヌ。

前菜や魚料理は日本の旬の食材を使い、素材の新鮮さを
生かしつつもハーブと山芋なんて組み合わせのソースが
あったりして、驚きのある美味しさ。

メインは大体フランス産のジビエ。バターやフルーツを
使った王道のソースで本格フレンチ、でも付けあわせに
ちょっとひねりが効いてたり。

「俺はこれが好きなんだ、これ旨いんだよ!」っていう
主張が一皿一皿に溢れています。小さなお店はこうで
なくっちゃ。

ランチもありますがおすすめはディナーのコースです。
突き出し、前菜2皿、サラダ、魚料理、肉料理、デザートに
パンとドリンクがついて3500円のお手ごろ価格、しかも
一皿一皿がそこそこがっつり系なので、おなかぱんぱん。
私、自分で言うのもなんですが男性並みに食べますので、
私が「おなかぱんぱん」って言ったら相当の量です。
カップルだと、男性が普通に食べる、女性が小食、とか
だとちょっと持て余してしまうかも。

あっそうそう、ディナーコースは2名以上で注文してシェア
する形式です。カウンターでコース料理をシェア、だから、
このお店は「仲良しの人ともっと仲良しになりに行くお店」
です。6席しかないので、予約必須です。

いやーしかしこないだ食べた鰹の瞬間燻製美味しかった。
ホロホロ鶏の煮込みカシス風味も美味しかった。
クリスマスに食べた鹿や牡蠣やキッシュも美味しかったー。

また行こっと。

公式サイト

ツイートボタンブログパーツ

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック