自主映画や小劇場を中心に活動する俳優・外山弥生の記録です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

開拓時代のアメリカ。
出来上がったばかりの丸太小屋に12歳のマット一人を
置いて、父は母と妹を迎えに行ってしまった。七週間、
一人で小屋を守ると意気込んだマットだったが、早々に
銃をだまし取られ、畑や食料を荒らされてしまう。
さらに蜂に追われて大ピンチのマットを助けたのは、
父から「気をつけろ」と言われていたインディアンたち
だった。マットは怪我を治す間の食料と引き換えに、
インディアンの少年エイティアンに読み書きを教える
ことになるのだが…。

Amazon商品ページ

* * * * * * * * * * * * * * * 

エイティアンがマットに披露するインディアンの知恵が
面白いので、冒険ものが好きなら年齢問わず楽しく
読めると思います。楽しく読めるんですけど、ちょっと
ひっかかるのが二人の関係のクールさ。一緒に森に
でかけるようになってさえ、マットはエイティアンを信用
しきれていないし、エイティアンはどこかマットを馬鹿に
しているし。「ハウス名作劇場」ならとっくに打ち解けて
るタイミングを遥かに通り越してる。

でもよく考えると、二人とも年齢は子どもでも、社会で
担っている役割は「大人予備軍」なんですよね。エイ
ティアンに比べて頼りなく描かれるマットですら、12歳
にして銃も撃てるし魚や獣をさばいたりもできる。
だから、二人の子どもの交流を描いた作品でありつつ、
大人同士の交流のような側面もあって、そのアンバラ
ンスさがこの作品の魅力なのだと思います。

エイティアンがマットに読み書きを習う理由は物語の
初めから明かされていますが、その重みは物語が
進むにつれ増してきます。二人がテキストとして使う
「ロビンソン・クルーソー」も、エイティアンがマットを
馬鹿にしているような態度も、物語が進むにつれて
意味が深くなっていきます。このあたりも、大人が
読んでも楽しめるだけの厚みがあります。

ラストで二人が交わすささやかな贈り物とわずかな
言葉が良い。アメリカが舞台なのに、エイティアンが
感情を表に出さない性格のせいか、良い邦画を観て
いるような気持ちになるんですよね。

突拍子もなく聞こえるかもしれませんが、映画「武士
の一分」が好きな方は好きだと思います。もちろん、
普通に冒険ものが好きな方にも。「大草原の小さな
家」とはまた違った開拓時代が味わえます。

Amazon商品ページ

でもやっぱり、12歳が銃を撃てるような環境は嫌だな…。

ツイートボタンブログパーツ

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。