自主映画や小劇場を中心に活動する俳優・外山弥生の記録です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「柳家一琴根多下ろしの会」、行ってきました。
三回目ですけど、やっぱ一琴師匠の落語、好き
だなあと思いました。

次は9月25日、新作落語特集だそうで、田川水泡
の書いた落語なんかも聴けちゃうというので大変
行きたいのですが、

本番まっただ中なんですよね…。


うー、10月になったらまた行く!

さて、今日はその、師匠が新作落語をやってらっ
しゃる頃に新宿で私が末席を汚しているはずの
問題作
の顔合わせです。台本をいただくのが
本当に楽しみな作品です。そして、キャストが…
「この中に君の名前があるのが不思議な感じだね」
と言われたほどの豪華キャストです。楽しむぞ!

おかげさまで、作品と人には本当に恵まれすぎな
ほど恵まれております。恵まれるばかりでなく、
お返ししていかなくっちゃ。

さて、顔合わせの前に、今日はナレーションの
お仕事なのです。これも人に恵まれた結果、
続けてやらせていただいている現場です。
行ってきます!

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。