自主映画や小劇場を中心に活動する俳優・外山弥生の記録です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

観てもいない舞台をなぜおすすめするかというと、
主役が小叉ぴろこさんだからです。

シアターキューブリック「誰ガタメノ剣」では、農民の
身分でありながら、農民・女・地に足をつけて生きる者の
目線から長宗我部元親にくってかかり、彼の心を変えさ
せるという大役を紀伊国屋サザンシアターの空間いっぱい
轟かせ。

西谷龍二監督「ウサギとカメ」では、倦怠期の妻を図太く
憎たらしく最後には鼻水垂らしてるのに可愛くてたまらない
最高のイイ女として演じきり。

「ウサギとカメ」含め、3作品ご一緒させていただいてるの
ですが、人柄も演技力も華も見事な、大好きな人、大好きな
女優さんなのです。

そんな方が小劇場で、しかも小劇場界をパスティーシュにした
ような作品で、「40歳エンゲキ女」の役で主演されるとあっては、
おすすめせずにはいられない!

私も本番直前なのですが、できる限り観に行くつもりです。

7millions-ナナミリオンズ- 1stプロデュース
『絶滅の人』

脚本・演出:門 肇

2011年9月8日(木)~11日(日)

■劇場
大塚 萬劇場

■あらすじ
大学を除籍されてもキャンパス内に居座り、エンゲキを続けて
18年。ある時は学食のおばちゃん、またある時は大学主催の
ミスキャンパス最終候補。

彼女の名は三本松トシコ40歳。
携帯電話を持たず、インターネットさえ知らず、21世紀に抗い
生きるこの中年女は、伝説の人か、それとも世界中の笑い者か。

■出演
鷲尾 直人
國弘 俊次
小叉 ぴろこ
猪口 宰
池田 諭
丹野 薫
田中 なるいち(Team Good Speed)
伊禮 亜美(劇団fool)
塩谷 麻美
猪瀬 雅也(M'sワールド)
木村 真司

■タイムテーブル
9月
8日(木) 19:30
9日(金)★14:30/19:30
10日(土) 14:30/19:30
11日(日) 14:30
★:昼割

■チケット料金
前売 3300円/当日 3500円
三人割引 8400円
平日昼割 2500円(★9日昼のみ)

■チケット予約

【こりっちチケットシステム】
http://ticket.corich.jp/apply/29421/004/

ぜひ、生の小叉ぴろこさんを目撃してください!

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。