自主映画や小劇場を中心に活動する俳優・外山弥生の記録です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミナモザ「ホットパーティクル」、毎日通し稽古をしています。
毎日台本に直しが入り、シーンが変わります。
シーンを分かりやすくするためだけでなく、お話そのものが
ちょっとずつ変わっていきます。

だって、現在進行形のことだから。原発事故も、瀬戸山美咲
という一人の人間の人生も、現在進行形のことだから。

もしかしたら、千秋楽のその日までら変わり続けるお芝居
なのかもしれないです。それでいいと思ってます。

変わるから何回も観て、とも言いません。もちろんいい方へ
変わっていくには違いないのだけど、前のバージョンが劣る
ということではなくて、どのバージョンもその日の時点での
真実のはずだから。

だから、ただ、あなたの人生のある一日を、瀬戸山美咲の
人生のある一日とクロスさせに来てくださったらいいなと
思います。
きっといい日になると思います。

ミナモザ緊急公演
「ホットパーティクル」
2011年9月21日‐27日@SPACE雑遊

<作・演出>
瀬戸山美咲

2011年春、私は原発に会いに行く。

特設WEB

チケット予約ページ

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。