自主映画や小劇場を中心に活動する俳優・外山弥生の記録です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

始まりは次女がせがんだプチ整形だった。不在がちの夫を
よそに、母と姉妹が転落していく整形地獄。(「臍」)

女性の尻に下半身を押し付けたとして痴漢で逮捕された男。
しかし彼の興味はそんなところにはなかった。(「膝」)

殴られ虐げられて育った少年は、ある雨の日に不思議な男
と出会う。その出会いがきっかけで、ボクサーへの道を歩み
はじめるが…。(「顎」)

身体の部位をモチーフに、サスペンス、フェティシズム小説、
心理ホラー、青春ファンタジーなどなど、幅広いジャンルを
鮮やかに描き分けた短編集。

Amazon商品ページ

* * * * * * * * * * * * * * * 

上にも書きましたが、モチーフを統一してジャンルをばらけ
させた短編集なので、読み手を選ばないと思います。

特に「膝」はすごかった!かなり特殊な趣味を持った主人公
ですが、その趣味に合致しない奥さんと結婚していること、
その理由、家庭内での振舞い、そういうフェチ部分以外の
リアリティが濃くて、実在の人物がモデルなんじゃないかと
思えてきます。

明るい日向に立っている人の影法師を覗き込んだら奈落に
落とされるような感覚の短編集。江戸川乱歩、藤子不二雄A
が好きな方におすすめ。

Amazon商品ページ

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。