自主映画や小劇場を中心に活動する俳優・外山弥生の記録です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

落ち目のアイドルグループ・源氏物語が枕営業を
命じられたのは、国の象徴たるやんごとなきあの
お方だった…!

劇団公式ページ

* * * * * * * * * * * * *

前回の「よ~いドン!死神くん」は、広い劇場を
場面ごとに分けて使っていて、それがちょっと
もったいないなーと思ったのですが、今回は
小さめの劇場をフルに使っていて、それがちょっと
手狭そうだなーというか、難しいですね。

お芝居は面白かったです!分かっても分からなく
てもいいよという細かいパロディがたくさん突っ込
んであって、個人的に一番ツボだったのは、
タイトルのロゴが「君に届け」だったことです(笑)
「君に届け」ファンだからこそ、あれは笑いました。

前回はまったく素顔の分からなかった竹岡常吉
さんが今回は素顔でシリアスからハイテンション
までこなしていて楽しかったです。前回もほんと
素晴らしかったんですけど、こうやって素顔の
お芝居を観ちゃうと、やっぱ白塗りはもったい
なかったのかも、って思いました。

ていうか、劇団員がここまで一人一人濃くて
上手くてキャラクターかぶってない劇団って、
やっぱそれだけで楽しいです。こないだアガリスク
エンタテイメント観てても思ったんですけど、
劇団員だからこそ出るグルーヴ感みたいなもの
絶対あって、プロデュース公演とか実質的に
プロデュース公演に近い公演とか多い(らしい)
この時代に、劇団員率が高いお芝居ってなんか
すっごく楽しい。のです。

小岩崎小恵さんは、キレイとカワイイのダブル
ヒロインを生き生きと、増田赤カブトさんは謎の
迫力と華がなんかすごいし、CR岡本物語さんは
相変わらずシュアな音とリズムで無茶振りだらけ
の役柄をすいすいこなし(この人、楽器できるの
かなあ。なんかリズムの良さが半端ない)、
サイショモンドダストさんはうまく言えないけど
こんな役者さんいるんだなあ現代にという感じで
(褒め言葉です)、そして吹原幸太さんの冷静な
ツッコミが冴えまくる。

他にもレギュラーっぽい役者さんが何人かいる
ようですが、今度は劇団員だけのお芝居も観て
みたいなと思いました。なんか、劇団っていいな
と思うお芝居でした。次回もぜひ観たいなと思う
お芝居でした。

やっぱバンドにならなきゃね、バンド。
MUのアユムさんの受け売りですけどね。

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。