自主映画や小劇場を中心に活動する俳優・外山弥生の記録です。
おすすめっていうか、昨日最終巻だけ読んだのですが、
そう、一巻どころか一話も読んだことないのにいきなり
最終巻読んだんですが、面白かったというか、「これ、
途中の巻がめちゃくちゃ面白いだろうな」という
印象だったので、これはぜひ一巻から読まねば!
という、自分用メモに近いです。すみません。

男女の中身が入れ替わるっていう、さんざん使い
古されたSFラブコメ設定で、こんなに生き生き描ける
んだなーと。そして完結してるし、完結の仕方も
よかったので安心して読めるのです(笑)

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック